CHECK

婚約指輪を用意する理由とは?婚約指輪の基礎知識、年代別の相場費用などを紹介

当サイトは婚約指輪を用意する理由とは何かを解説しています。
さらにエンゲージリングの基礎知識、年代別の相場費用などもご紹介しているサイトです。
これからエンゲージリングを用意することを検討しているのなら、ぜひ参考にしてみてください。
国内ブランド品のエンゲージリングも大人気です。
指輪選びに迷う場合には参考にするのも良いかも知れません。
それから手元を美しく見せる指輪のデザインも解説しているので、似合う指輪を見つけたい人必見です。

婚約指輪を用意する理由とは?婚約指輪の基礎知識、年代別の相場費用などを紹介

婚約を決めたけれどなぜ婚約指輪用意するのか疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
確かに婚約指輪は必ずしも用意しなくてはならないという物ではありません。
とはいえ現代の日本でもブライダルの記念として男性から女性に贈るのが習わしとなっています。
相場はそれぞれの年代によって異なります。
20代の場合にはそれほど高額なものが選ばれることは少ないです。
しかし30代や40代ともなると、相場が高くなる傾向があります。

婚約指輪の相場は給料3か月分が正解?

高度成長期は日本が非常に勢いのある時代でした。
サラリーマンであっても給与は右肩上がりであり、収入も非常に高くゆとりある生活が出来ていました。
その頃に放映されたのが、エンゲージリングは給与の三か月分というキャッチコピーのテレビコマーシャルでした。
このコマーシャルによって一気にプロポーズに婚約指輪が用いられるようになっていったんです。
そして相場もコマーシャルに忠実に三か月の給料が充てられました。
だが現在では経済が停滞しデフレ経済で、サラリーマンも年酢湯が下がっています。
そのため婚約指輪の相場も変わりつつあります。
現代では予算30万円前後が平均的であって、給与の一か月半前後が多くなってます。
なかにはリングはいらないので、その費用で車を買ったり住居の頭金にしたいという考えを持つ女性も多くなってます。
ただエンゲージリングを用いて求婚しようと考えているならば、できるだけ予算内でも高品質のダイヤモンドの4Cを高水準に満たすリングを選ぶことが大事です。

20代カップルが選んでいる婚約指輪の相場費用

結婚適齢期が28愛とも30歳ともいわれる時代になっています。
50年以上前の日本を考えると、非常に晩婚化していることがわかってきます。
こうした状況下で20代で結婚しようと考え人も少なくありません。
今は出来ちゃった結婚も多く、晩婚か若年か、結婚する時期が大きく二分しているとも言えます。
20代で結婚を考え婚約指輪を準備する際に気になるのが、その価格相場です。
若いと男性でも収入が安定しておらず、安い給料の人も珍しくはありません。
そのため相場額は20万円前後と言われているのです。
婚約指輪を手ごろな値段で買うとなると、選択肢は狭まってきます。
そこでおすすめしたいのは、ダイヤモンドのグレードにはこだわりをもち、台座の素材を手ごろなものにするということです。
18金ではなく10金にするなど、金の含有量を少なくすることでコストは抑えられます。
シルバーの台座にすればなお一層、リーズナブルに婚約指輪を手に入れることが出来ます。

30代カップルが選んでいる婚約指輪の相場費用

近年は日本国内がコロナ禍にあるという部分もありますが、それに加えて全体的に盛大な結婚式を挙げる方は減っています。
それは日本全体が、物価上昇による実質賃金が減少している傾向にあるからです。
そのような中で、将来結婚しようと考えている相手に対して渡す婚約指輪は、どの程度の金額が平均なのか気になる方も多いでしょう。
結婚適齢期とも言えるのが30代です。
社会に出てそれなりに経験を積んでおり、給与も安くはないこの世代の婚約指輪の相場はどの程度なのかと言うと、今も昔も変わらず20万円から30万円が平均的な相場となっているようです。
結婚指輪に比べて、婚約指輪は男性が女性に結婚を申し込む時に渡すものなので、思いをその指輪に込めているだけあって、その値段についてはそれなりに高い金額となります。
しかし婚約指輪を渡さないカップルも存在するので、高価である必要はないかもしれません。
一番大切には、相手を好きな気持ちを表現するという事でしょう。

婚約指輪の人気海外ブランドを徹底比較

女性は結婚に非常に憧れをいだき、夢を抱いている人が多いです。
プロポーズされるときには、自分がまるでおとぎ話のシンデレラの気分になることができます。
結婚式はまさに、どこかの国のプリンセス気分を味わうことが出来るのです。
このように結婚に対して憧れ非常に抱いている女性であれば、男性は婚約指輪選びを妥協することが出来ません。
できればフランスやイタリア、ニューヨークのブランドでハイジュエリーの老舗のものを選んで贈ると良いんです。
主にティファニー、ヴァンクリーフ、カルティエといったブランドの婚約指輪を比較検討するとよいでしょう。
ティファニーは世界最大級の大きさのダイヤを抱えており、審査の厳しい特別ルートでルースを仕入れているので評価が高いです。
ヴァンクリーフやカルティエなどは、ヨーロッパの王室御用達老舗メゾンのダイヤモンドであり、その品質はお墨付きです。
いずれにしても、非常に値段も高く、男性はそれなりに覚悟して購入しなければなりません。

婚約指輪に関する情報サイト
婚約指輪はなぜ必要?

当サイトは婚約指輪を用意する理由とは何かを解説しています。さらにエンゲージリングの基礎知識、年代別の相場費用などもご紹介しているサイトです。これからエンゲージリングを用意することを検討しているのなら、ぜひ参考にしてみてください。国内ブランド品のエンゲージリングも大人気です。指輪選びに迷う場合には参考にするのも良いかも知れません。それから手元を美しく見せる指輪のデザインも解説しているので、似合う指輪を見つけたい人必見です。

Search